ブーストキャッシュ副業案件の実態は?詐欺の危険がない稼げる案件?

ブーストキャッシュ副業案件の実態は?詐欺の危険がない稼げる案件?

無料で気軽に開設できるWEBショップを利用する際、個人情報の公開に抵抗がある時にはどうしたらいいのか

time 2021/07/06

WEBショップは有料ではなく無料でも気軽に解説ができるようになり、専門のショッピングアプリへの登録をする事で、ただで集客に関連するサポートまで受けられるサービスもあります。特化して行うのもよし、本業を持ちつつサイドビジネス的に、趣味を大いに活かしてネットショップ開設をするにも最適です。

無料でのWEBショップ開設はできますが、特商法に関しては守る必要があります。特定商取引法に基づく販売元の住所を記述することは、ショッピングサイトの開設をするなら無料で利用ができても必須だからです。

販売元の住所を現在自分が住んでいる自宅住所として、ホームページ上に記載をすることはできます。しかし個人情報に関してとても敏感になってる現代ですから、ネットショップの開設には心が躍るものの、本人の個人情報をオープンに公開をする事に抵抗を感じることは少なくありません。

知られたくはないからといって特商法のルールに従わないとなれば、念願のネットショップを持つことも運営も断念しなければなりませんが、他にもやり方はあります。それはバーチャルオフィスを利用する手段であり、特商法に記載のできるビジネスのための住所を取得することが可能です。

ショッピングアプリに登録して無料でWEBショップを利用するのに、なぜ特商法が関わるのか疑問に感じるかもしれません。

理由は特商法と利用規約に則って、無料開設するネットショップであろうとも運営者の情報を記載することがルールだからです。任意ではなく特商法は法律として定められていること、消費者を不要なトラブルから保護するためにあります。すべての商売に当てはまるわけではありませんが、特定の消費者と売る側との問題が起きやすい取引が対象です。

対面販売とは異なりネットショップは非対面の販売手法、どうしても消費者側と売る側の間に大なり小なり問題が発生をしやすくなってしまいます。
消費者側の利益を根本から守ってくのが特商法であり、有料や無料は関係なくネットショップを運営するなら、運営者側の情報を消費者に分かるよう後悔することは義務です。

現在住む住所やいつも使う携帯電話番号を記載することは、簡単にできますが販売側としては個人情報の漏洩なども気がかりです。しかしバーチャルオフィスで住所をビジネスのために取得をする事で、無料で利用をするネットショップを開設する際にも使うことができますから、個人情報を記載する必要はありません。